リフトの改修・改造

簡易リフトとは、労働安全衛生法の中での定義された規格です。建築基準法の中には簡易リフトという規格は存在しません。建築基準法では、小荷物専用昇降機となります。

簡易リフトの搬器寸法はかご床面積1㎡若しくは天井高さ1.2mのどちらかが条件に満たしていれば規格内ですが、小荷物専用昇降機の場合は、その両方が条件に満たしていないといけません。

法規に沿って話を進めていくと建物に付随するものに当たる為、建築基準法が主となり簡易リフトは建築基準法上違法となります。

今使用されている簡易リフトの中で一番多いケースが天板を取り除き使用するケースが多いです。なぜなら、簡易リフトの定義規格を守って使用すると、大きいサイズの荷物が載せられないからです。簡易リフトは、法律的に問題も多く、事故等が発生した際は、簡易リフトを使用していた会社の経営者は責任が追及されます。

そのような事が起きない為に、当社では今使用中の簡易リフト・リフターを改造し法的にもクリアする垂直搬送機する事をお勧めしております。

改造を施し、垂直搬送機にすることにより、コンプライアンスにも対応。簡易リフトを使用されていたスペースで垂直搬送機に改造。新たに垂直搬送機を設置するコストを考えると遥かにコストを抑えられます。